芦田愛菜
芸能人 2021/09/26 15:58:47

芦田愛菜の髪型は?特徴や似合う人の特徴・オーダー方法を詳しく解説

まだまだあどけなさが残る、キュートな印象を持つ女優・芦田愛菜さん。

近頃は落ち着いた大人の女性という雰囲気を放つようになり、中高生を中心に支持されている女優さんです。

数多くのドラマや映画に子役時代から出演しており、10代を中心に憧れを持っている人は少なくありません。

そんな芦田愛菜さんの髪型は、なんといってもボブスタイル!

今回は芦田愛菜さんのヘアスタイルの特徴や、美容院でのオーダー方法を紹介していきます。

芦田愛菜のプロフィール

生年月日 2004年6月23日
身長 推定150cm
出身地 兵庫県
デビュー 2009年~

本格的にドラマ出演したのは、2010年放送の『Mother』。

2010年代前半に子役として国民的な人気を獲得し、多数の新人賞などを受賞して世間への認知度を飛躍的に高めた人物です。

その後2011年4月にテレビドラマ『マルモのおきて』で連続ドラマ初主演を果たし、ゴールデン帯の連続ドラマ史上最年少での主演を記録。

2013年には映画『パシフィック・リム』でハリウッドデビューもしています。

芦田愛菜の髪型は?

芦田愛菜さんへの子役時代のイメージがまだまだ抜けない人も多いですが、ふとした時にかなり大人びた雰囲気が出てびっくりする人も多いのではないでしょうか。

そんな芦田愛菜さんの髪型は、シンプルに作られたボブスタイルのイメージが強いもの。

今回は以下3つのポイントから、それぞれシンプルボブの特徴を紹介していきます。

  • ・スタイル
    ・カラー
    ・質感

非常に清楚な雰囲気が前面に出ているヘアスタイルなので、参考にしてみてください。

スタイル

サイドまでカットした前髪が特徴的で、黒髪のボブスタイルは見慣れたものです。

芦田愛菜さんは非常にシンプルなボブではありますが、出演している作品によっては髪の長さやスタイルが異なる場合があります。

時にはアゴのラインまで短くカットしたショートボブスタイルや、鎖骨の位置まで長く伸ばしたミディアムボブまでさまざまなヘアスタイルに変化させています。

芦田愛菜さんの場合、基本的に眉と同じ位置で切り揃えたぱっつん前髪にしています。

イベント時には分け目を出しておでこをチラ見せしてることも珍しくはありません。

重たい印象になりがちなぱっつん前髪ですが、サイドまでカットしているので顔がはっきりと見えて華やかな印象に代わります。

カラー

芦田愛菜さんのカラーは、日本人女性なら多くの人に似合う黒髪です。

いわゆる大和撫子風の髪色ですが、髪型によっては重たい印象を生みます。

しかし芦田愛菜さんは顔周りをはっきりとさせていることで、黒でも明るくパッと華やかな印象を可能にしているのが大きな特徴です。

質感

質感に関しては、芦田愛菜さんの場合キレイなストレートです。

まとまりが良くアレンジしやすい髪質で、少なくともクセが強いわけではありません。

毛量は普通よりやや多めかつ太い髪なのが特徴です。

芦田愛菜の髪型が似合う人の特徴


芦田愛菜さんのようなボブスタイルが似合う人の特徴は、そんな人が挙げられるでしょうか。

  • ・骨格
    ・質感
    ・メイク

ここでは、上記3つのポイントに分けて紹介していきます。

骨格

芦田愛菜さんは、顔タイプ的にキュートな分類に当てはまります。

ひし形寄りの卵形に見える骨格をしているので、適度に整った美バランスだといえます。

キュートなタイプで、丸顔の人にもおすすめできる髪型をしているといえるでしょう。

丸顔の人が芦田愛菜さんのようなショートボブを目指すなら、卵形に見せるのがおすすめです。

質感

先ほども紹介してきた通り、芦田愛菜さんの場合キレイなストレートをしています。

そのためまとまりが良くアレンジしやすい、クセが少ない人の方が再現しやすいといえます。

毛量は普通~多い人向けで、さらにはほど良く太い髪の方がより芦田愛菜さんの髪型に近付けます。

メイク

基本的にナチュラルでほぼすっぴんに近いメイクをしています。

そんな芦田愛菜さんのパーソナルカラーは、ブルベの夏!

子役時代から色白でしたが、大人びて行くにつれて完全にブルベ夏となりました。

耳や頬がややピンクっぽく、リップもピンクが似合う人はブルベ夏の人の特徴です。

芦田愛菜の髪型にするオーダー方法

芦田愛菜さんの髪型を美容院でオーダーする際は、いくつかのポイントに分けてしっかりとイメージを伝える必要があります。

芦田愛菜さんの髪型は、顔まわりとアウトラインがとても重要になってきます。

芦田愛菜さんのようなショートボブスタイルを目指すのであれば、前髪はおでこがやや見えるシースルーバングにするのがポイント。

サイドはこめかみが隠れるくらいやや長めにカットすると、芦田愛菜さん風に仕上がります。

非常にやわらかく透明感のある女優さんなので、前髪やサイドは肌が髪越しに透けて見えるくらいが丁度良いのです。

ショートにするには勇気がいるという人は、ミディアムボブもおすすめ。

ミディアムボブにする場合は、厚みのある前髪にするのがポイントとなります。

前髪の長さはショートもミディアムも眉の位置に合わせて切り揃えるのが、芦田愛菜さん風の髪に近づくポイントです。

芦田愛菜さんは黒髪にしているものの、明るい印象を前面に出しているので顔まわりをはっきりとさせているからが挙げられます。

顔まわりをすっきりとさせることで、黒髪特有の重たい印象を押さえることができるので非常におすすめです。

透け感は意識しつつ、アウトラインはしっかりと揃えてカット。

前髪と同じでそこそこ厚みを出すのがポイントとなり、基本はワンレングススタイルです。

毛先のボリュームはヘアアイロンを使って内側に巻くので、全体のボリュームはやや抑え気味。

毛先を切りっぱなしにしているのも大きな特徴で、毛量をやや調節することで軽さも出しているのが見て取れます。

どれも伝えにくいようなポイントはありませんので、美容師さんと相談しながら真似できる部分があればぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

芦田愛菜さんのヘアスタイルの特徴や、美容院でのオーダー方法を紹介してきました。

芦田愛菜さんの髪型は清楚なスタイルなので、スタイリングをしなくてもキレイなシルエットがキープできます。

大人可愛い印象が前面に出ているので、美容師さんに相談しながらカットしてもらいましょう。