Instagram LINCAさんの写真
ファッション 公開日:2024年4月2日/更新日:2024年4月2日

Y2Kメイクのやり方伝授!大人でも今っぽく仕上げるコツを部分別に解説!

Y2Kメイクが再び流行していますが、このスタイルを今どきにアップデートして楽しみたいと思いませんか?

この記事では、2000年代の魅力を取り入れつつ、現代の大人の女性にも似合うメイクのコツを分かりやすくご紹介します。

Y2Kメイクとは、2000年代初頭の美容とファッションのトレンドを現代に取り入れたメイクアップスタイルです。この時代特有の特徴を持つメイクアップは、今、若い世代を中心に大流行しています。

Y2K メイクの特徴とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

LINKA🇯🇵(@linstgram1217)がシェアした投稿

Y2Kメイクの特徴は、強調されたアイメイク、ツヤやきらめきを加えたリップ、そして目立たせたチークなどが挙げられます。アイメイクでは、色鮮やかなアイシャドウや囲み目メイクが特徴的です。

」リップは、ヌーディーカラーやグロッシーな質感が中心で、全体のメイクを引き立てる役割を果たします。チークは、健康的な印象を与えるために、頬の高い位置にふんわりと色をのせます。

大人のY2Kメイク:今っぽさの秘訣

大人の女性がY2Kメイクを取り入れる際は、過度な装飾よりも洗練された印象に仕上げることが大切です。

アイメイクは、濃いめのカラーを使いながらも、ぼかしを効かせて柔らかい印象に。リップは、ツヤ感は残しつつも、色味を落ち着いたものにすることで、大人っぽさを演出します。チークは、自然な血色感を出すことで、若々しく健康的な印象に仕上げることができます。

Y2Kメイクを取り入れることで、トレンドを楽しみながらも、大人の女性らしい上品さをキープすることが可能です。過去のトレンドを現代風にアレンジすることで、新しい自分を発見する楽しみもあります。このメイクスタイルにチャレンジする際は、自分自身のスタイルに合わせて微調整を加えることが大切です。

Y2Kメイクスタイルのアイメイクで差をつける

アイメイクは、あなたの顔の印象を大きく左右します。特にY2Kメイクでは、目元をどう演出するかがスタイル全体のキーポイントになります。

ここでは、Y2Kスタイルのアイメイクを引き立てる「盛りまつ毛と囲みシャドウの魔法」と「アイシャドウの色選びと塗り方」に焦点を当てて、今っぽく仕上げる方法をご紹介します。

盛りまつ毛と囲みシャドウの魔法

盛りまつ毛は、目を大きく見せるための重要なテクニックです。まつげを根元からしっかりとカールさせ、マスカラを塗ることでボリュームを出します。さらに、まつげの束感を出すために、ピンセットなどを使って一本一本を丁寧にセパレートさせることがポイントです。

囲みシャドウは、目元をより大きく見せるために役立ちます。上まぶたはもちろん、下まぶたにも同じ色のシャドウを塗ることで、目を囲むようなメイクが完成します。

このとき、色は自分の肌に合うものを選び、目尻側に向かって少しずつ濃くするグラデーションを意識すると自然な仕上がりになります。

アイシャドウの色選びと塗り方

アイシャドウの色選びは、Y2Kメイクの中でも特に楽しい部分です。2000年代のトレンドカラーであるブルーやピンク、グリッターを取り入れつつ現代的な感覚でアレンジします。重要なのは、自分の肌色や目の色に合わせて、似合う色を見つけることです。

塗り方に関しては、ベースカラーをまぶた全体に塗った後、目の際に濃い色を重ねていくのが基本。目尻に向かって色を濃くしていくグラデーションや、目の形に合わせたカットクリースなど、さまざまなテクニックを駆使して、個性を表現することができます。

Y2Kメイクのアイメイクでは、遊び心を忘れずに、自分だけのスタイルを見つけることが大切です。そして、時代を超えて愛されるメイクアップテクニックを現代のあなたに合わせてアップデートしてみてください。

リップで魅せるY2Kメイク

 

この投稿をInstagramで見る

 

LINKA🇯🇵(@linstgram1217)がシェアした投稿

Y2Kメイクでリップは、その時代の象徴的なメイクアップの一つです。

ここでは、「ツヤかマット?リップの選び方」と「グロッシーリップの復活と現代的アプローチ」に焦点を当て、どのようにY2Kスタイルを現代のメイクに取り入れるかを探ります。

ツヤかマット?リップの選び方

Y2Kメイクにおけるリップは、主にツヤ感のあるものが中心でしたが、現代ではツヤリップとマットリップのどちらもがトレンドになっています。自分の好みやその日のスタイル、さらには肌の状態や唇の形状に合わせて選ぶことが大切です。

  • ツヤリップ:ツヤリップは唇にふっくらとした印象を与え、顔全体に明るさをプラスします。特に唇が薄い方や、より若々しい印象を求める方におすすめです。
  • マットリップ:マットリップは洗練された印象を与え、メイク全体を引き締めます。しっかりとした色持ちが魅力的で、大人っぽいルックを求める方にぴったりです。

グロッシーリップの復活と現代的アプローチ

2000年代に一世を風靡したグロッシーリップが、再び注目されています。しかし、ただツヤを追求するだけではなく、現代的なアプローチを取り入れることで、より洗練された仕上がりを目指しましょう。

現代のグロッシーリップでは、色の選び方に工夫がされています。過度に明るい色や、あまりにもキラキラした仕上がりではなく、肌に自然になじむヌードカラーや、ほんのり色づくピンクを選ぶことが多いです。また、グロスの上から軽くティッシュオフすることで、ツヤ感を残しつつも落ち着いた印象に仕上げることができます。

リップメイク一つで、顔全体の印象が大きく変わることを念頭に置き、自分に合ったリップスタイルを見つけてみてください。Y2Kメイクを現代風にアレンジすることで、新しい自分を発見する楽しみがありますよ。

Y2Kメイクのための顔立ちの調整

Y2Kメイクを取り入れるにあたり、顔立ちの調整も重要なポイントです。

ここでは、「細眉の描き方とメンテナンス」と「ベースメイク:ツヤ肌とマット肌のバランス」について詳しく解説します。これらのテクニックをマスターすることで、Y2Kメイクをより一層引き立てることができます。

細眉の描き方とメンテナンス

2000年代に流行した細眉は、Y2Kメイクの象徴的な要素の一つです。現代においても、細眉はクリーンで洗練された印象を与えるために取り入れることができます。

  • 描き方:眉毛を自然に見せるために、眉頭から眉尻にかけて細く整えます。眉毛の流れに沿って、細いペンシルやブラシを使い、隙間を埋めつつ自然なラインを描いていきます。
  • メンテナンス:細眉をキープするためには、定期的なメンテナンスが必要です。眉毛が伸びてきたら、眉用のシザーズやピンセットを使用して、形を整えることが大切です。

ベースメイク:ツヤ肌とマット肌のバランス

ベースメイクは、Y2Kメイク全体の印象を左右する重要な部分です。ツヤ肌とマット肌のバランスをうまく取ることで、現代的なY2Kメイクを完成させることができます。

  • ツヤ肌:健康的で若々しい印象を与えるツヤ肌を目指す場合、保湿効果の高い化粧下地やファンデーションを選びましょう。ハイライトを頬骨の上や鼻筋にうまく使用することで、自然なツヤ感を演出できます。
  • マット肌:洗練された印象のマット肌を目指す場合、皮脂吸収力の高い下地を使用し、セミマットかマット仕上げのファンデーションを選びましょう。Tゾーンにパウダーを軽くのせることで、テカリを防ぎつつマットな仕上がりをキープできます。

細眉の描き方やメンテナンス、ツヤ肌とマット肌のバランスに注意を払うことで、2000年代のメイクスタイルを現代の美しさにアップデートすることが可能です。自分の顔立ちや肌質に合わせて、これらのテクニックを活用してみてください。

Y2K メイクのアクセサリーとヘアスタイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

恋瀬まよい(@dkj_mayoi)がシェアした投稿

Y2Kメイクを更に際立たせるためには、アクセサリーとヘアスタイルが非常に重要です。

ここでは、「Y2Kアクセサリーでスタイルを格上げ」と「ヘアスタイルで完成させるY2Kルック」について探っていきましょう。

Y2Kアクセサリーでスタイルを格上げ

2000年代のアクセサリートレンドは、今見ても新鮮でユニークです。大きめのフープイヤリング、カラフルなビーズのブレスレット、チャンキーなリングなど個性的なアイテムが豊富にあります。

これらのアクセサリーを取り入れることで、シンプルなメイクやコーディネートにアクセントを加えることができます。特に、ビビッドなカラーのアクセサリーや、メタリック素材を選ぶと、Y2Kメイクとの相性が抜群です。

ヘアスタイルで完成させるY2Kルック

Y2Kメイクに合わせるヘアスタイルも、そのルックを完成させる上で欠かせません。2000年代のトレンドを反映したヘアスタイルには、ギャル風のハイポニーテール、ストレートアイロンで仕上げたサラサラヘア、ビーズやスクランチを使ったカラフルなヘアアレンジなどがあります。

また、バタフライクリップやビーズ入りのヘアゴムを使ったアクセサリーを取り入れると、より2000年代の雰囲気を強調できます。

Y2Kメイクを楽しむ上で、アクセサリーやヘアスタイルは非常に重要な要素です。これらを上手に組み合わせることで、より洗練された、トレンドを取り入れたルックを作ることができます。自分のスタイルに合ったアクセサリーやヘアスタイルを見つけ、Y2Kメイクと合わせてみてください。

Y2Kメイクと自分らしさの融合

Y2Kメイクの流行が再び訪れる中で、過去のスタイルをただ再現するのではなく、現代の自分に合わせてアレンジすることが大切です。

ここでは、「Y2Kメイクを自分流にアレンジするコツ」と「2024年、Y2Kメイクに新しい息吹を」について考えてみましょう。

Y2Kメイクを自分流にアレンジするコツ

Y2Kメイクを自分らしくするためには、自分の好きな要素を取り入れつつ、現代のトレンドや自分の肌質、顔立ちに合わせることが重要です。以下にいくつかのアレンジコツを紹介します。

  • 肌質に合わせたベースメイク:Y2Kメイクはツヤ肌もマット肌も活用できますが、自分の肌質に合わせて選ぶことで、より自然で健康的な印象に。
  • 好きなカラーを取り入れる:2000年代特有のカラフルなアイシャドウやリップを、自分の好きな色でアレンジしてみましょう。現代のメイク技術で、より洗練された表現が可能です。
  • アクセサリーで個性をプラス:Y2Kアクセサリーの中から、自分のスタイルに合うものを選んで、メイクとのコーディネートを楽しんでください。

2024年のY2Kメイクに新しい息吹を

2024年現在、Y2Kメイクには新しいトレンドが息吹いています。それは、過去のスタイルに現代のエッセンスを加えることで、より多様性のある表現が可能になっていることです。

例えば、サステナビリティや個性を尊重する動きは、メイクにも反映されています。

  • サステナブルなメイクアップ:環境に優しい製品の選択や、動物実験を行わないコスメティックスの使用は、Y2Kメイクを現代的にする大きな要素です。
  • 個性の尊重:自分の個性を尊重し、肌の色や形、性自認を表現するメイクアップは、Y2Kメイクをより豊かにしています。

Y2Kメイクと自分らしさの融合は、過去と現在を繋ぐ美の探求です。自分にとって心地よいメイクアップを見つけ、新しいトレンドを自分なりに解釈して楽しむことが、2024年のY2Kメイクを特別なものにする鍵です。

美を追及する女性のために、スキンケアやメイク方法などのおすすめ情報を配信するメディアサイト「BONIFUL」編集部です。

お肌のトラブル、メイク方法がわからない、どの化粧水を使えば良いかわからないなど、人それぞれお悩みをお持ちだと思います。
「BONIFUL」は、そんなお悩みを少しでも解消できるように、そして美を追及するために、役立つおすすめ情報を配信しております。
BONIFUL|ボニフル