スキンケア 2022/02/09 13:10:01

30代に似合うメイクのやり方は?大人可愛くなれる方法やNGポイントを解説!

20代のメイクが似合わないのは年齢を重ねただけでなく、あなたの頑張りが表情や顔つきに現れたからです。

自分ピッタリの30代メイクを探してみてください。

30代に似合う可愛いナチュラルメイクを実践しよう!

積み重ねてきた経験値が表情や顔つきにも出てきて落ち着きを醸し出していく30代。

そんな顔つきに似合わない、浮いたメイクをしていませんか?

30代の貫禄や、40代とは違うかわいさが残る年相応のメイクを見つけて、30代の垢ぬけを目指しましょう。

30代にNGなメイクとは?

年齢を重ねるごとに顔立ちや雰囲気が変わってきて、メイク迷子になりがちな30代。

20代の頃よりも肌のハリがなくなったり、ほうれい線や目元のシワが目立ったりファンデーションのノリも悪い日が続きがちではないですか?

そんな変化を感じつつもどこを変えたらいいかわからないとお悩みの方に、まずは30代のNGメイクを紹介します。

NGメイク①発色の良すぎる肌に馴染まないチーク

20代の頃からお気に入りコスメが変わっていない方にありがちな、頬を覆うような明るい発色のチーク

たしかにかわいいですが、30代にはかわいすぎる印象になりがちです。

NGメイク②目の周りが黒いアイメイク

目をはっきり大きく見せるために黒のアイライナーをしっかりいれた囲み目や、バサバサなマスカラは派手過ぎる印象に。

さらに、涙袋を強調する白パールのハイライトもきつい印象を与えがちです。

加えて、黒目強調や色味がついたカラコンは30代の大人な雰囲気と調和がとりづらく、若作りを頑張っているみたいに見えますよ。

NGメイク③厚塗り感あるマットな肌

20代の頃よりもシミやシワが目立ってきて隠したくなる衝動は分かります。

ですが、顔全体にファンデーションを広げてしまうとマットな厚塗り肌になってしまい反って老け見えしてしまう原因に。

また、首の色と違い過ぎて不自然な印象も与えてしまい垢ぬけとは程遠くなるので危険です。

30代に似合うメイクのやり方【ベース】

20代の頃より30代は肌悩みも増え、もうどうしたらいいかわかない!という方も多いはず。

ですが、30代のメイクはコツさえつかめば大人っぽく、おしゃれに決まるんですよ。

まずはベースメイクから一緒に学んでいきましょう。

肌悩みはコントロールカラーで

厚塗り感や、メイクをしっかりしました感がなんだか顔を重たい印象にしていると頭を悩ませているのでは。

実は、厚塗り感を出さず肌悩みを解消してくれるコントロールカラーを使えば両方の悩みを解決できますよ!

コントロールカラーとは簡単に言うと、色が付いた下地のようなものでファンデーションの下に仕込んであげると自然と肌色の補正をしてキレイに見せてくれます。

お悩み別の選び方はこちら。

  • 肌荒れ・赤みが気になる…グリーン系
  • 色ムラ・くすみが気になる…イエロー系
  • 色白に見せたい・黄ぐすみが気になる…ブルー系
  • 血色がよく・健康的にみせたいとき…ピンク系
  • 年齢肌を明るく・エレガントな印象にみせたいとき…パープル系
  • クマのカバー・疲れ顔のカバー…オレンジ系

自分に合うファンデーション

20代から使っているお気に入りファンデがある方も、30代になったらなんだか乾燥が気になりだしたり…。

そんな30代のお悩みには解決できるファンデーションを探しなおすのがおすすめです。

ですが、時間なんてないよ!という方には30代の乾燥しがちなお肌に合いやすい油分多めのリキッドファンデやクリームファンデがハマりやすいです。

さらにファンデーションは色味も全体のトーンにあっているかをしっかり確認しましょう。

20代まで色白で1番明るい色味を使っていたからといって30代でも同じメイク方法を取ると失敗する可能性が高いです。

30代はとくに、新しいメイク用品を購入する時は手ではなくフェイスラインに試し塗りして色の浮きがないかチェックしましょう。

30代に似合うメイクのやり方【アイメイク】

30代になってかわいいピンクや、個性的な水色などが似合わなくなっている気がしませんか。

20代のころのメイクからどうおとなかわいい感じにメイクするかお悩みの方にアイシャドウの選び方から解説していきます。

アイシャドウの選び方

30代からはまぶた全体をギラギラにしたり、がっつりブラウンを入れるのは絶対NG。

若作りや時代に乗り遅れているおばさんぽい印象を与えてしまいますよ。

30代からのアイメイクのポイントは優しい印象を与えるカラーを使うこと。

例えば、薄目のブラウンやピンクベージュ、くすみオレンジなどなりたい雰囲気に合わせて選んで見てくださいね。

ですが、暗いカラーばかり選ぶとぼやけた印象や老けた印象になりがち。

そんな時はクリーム系のシャドウを使ってツヤ感を足してあげると大人の色気を出せますよ。

アイライナーで優しい印象を与える

さらに、30代からの目元メイクは印象を強くし過ぎないように注意しましょう。

例えば、目元を印象づけるアイライナーは20代のころだと囲んだりしていかにデカ目に見えるかが勝負だったでしょう。

ですが、30代からは目元全体ではなく目尻だけ、もしくはまつ毛の隙間を埋めるように引いてあげるのがピッタリ。

さらに黒アイライナーのメイクが浮いている感じがする人には、ブラウンアイライナーもおすすめです。

優しい雰囲気を与えたい場合にはブラウンにするなど適宜メイクを使い分けていくのも30代ならではですね。

30代に似合うメイクのやり方【アイブロウ】

表情の印象を決める意外と重要なアイブロウ。

20代と変わらず平衡眉もかわいいですが、だんだん似合わないような気がしていませんか。

そんな30代に眉の書き方を解説します。

アイブロウの書き方

アイブロウを書くときは力を入れずに優しく描きましょう。

20代の時は髪よりもワントーン明るい眉がかわいい!と言われていてその通りにアイブロウマスカラを塗っていた人も多いはず。

ですが、30代メイクではできる限り自眉を活かしたデザインが自然でおしゃれです。

ペンシルで足りないところだけを補い、あとはカラーはヘアカラーと同じ明るさくらいを保ちましょう。

さらに不自然な眉の形ではなく、骨格にあった太目の眉毛を意識するとモード感あふれる30代の完成です。

30代に似合うメイクのやり方【チーク&リップ】

最後はなんだかんだ30代に入って苦労している人も多いチークやリップの色味について。

明るすぎる色味だとなんだか顔に合わず、暗いベージュ系は30代の貫禄どころかおばさんぽさを強調してしまいがち。

そんなチーク&リップメイク難民の30代さんに選び方から解説していきます。

チークの選び方

チークはピンクや赤など明るい色味なので、30代の顔に合わないのではとメイクから省きがち。

ですが、顔の立体感や血色を出すために使い方を工夫してメイクに取り入れてあげましょう。

そんな30代メイクでは、痛い印象にならないように肌なじみを意識して選ぶのがおすすめです。

例えばベージュやコーラル系など。

なりたい雰囲気で選びましょう。

チークを塗るときの注意

30代メイクでのチークは必ず頬骨からこめかみにかけて斜めに立体感を出すイメージで塗りましょう。

頬骨にチークを載せた後は指やパフを使って周囲のメイクとの色味を馴染ませてあげるのを忘れずに。

リップの選び方

肌なじみいいリップカラーを選べば30代メイクは失敗しにくいです。

例えば。20代の頃に大人っぽいと嫌煙していたローズ系やベージュ系のリップ。

30代の顔つきやメイクにはまりやすかったりしますよ。

ですが、ビビッドピンクやオレンジ、赤などの明るくてはっきりした色は注意が必要です。

肌のくすみが目立ちやすくなったり、かえって老け見えしちゃいます。

リップを塗るときの注意

30代リップメイクのポイントは唇をしっかり保湿してあげてからリップを塗ること。

リップを塗る前にリップクリームやワセリン、リップ下地で保湿をしてあげるとキレイに色が乗りますよ。

さらに、リップブラシやリップライナーを使えば口角がきれいに見える効果も。

濃いカラーを使いたいときは老け見え、ケバ見え防止のために塗った後に指でポンポンして馴染ませましょう。

30代メイクをYoutubeでチェック!

30代になって20代との違いに焦る前に、Youtubeで30代メイクのコツをしっかり学んでおきましょう。

30代メイクのコツだけでなく、30代向け垢ぬけの方法も伝授してもらえますよ。

30代に似合うメイクで大人可愛くなろう!

20代から30代になって仕事・プライベートでの責任も増えてきた人も多いはず。

そんな30代の大人にはその人生の重みと同じくらいの重厚感のあるメイクがぴったりです。

似合うメイクを探し、輝き続ける30代になりましょう。