グリーンティーシード スキン
化粧品 2021/04/20 20:49:16

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』の口コミと評判を紹介。商品の特徴や成分、使い方も徹底解説

韓国の化粧品メーカー”アモーレパシフィック”が提供する自然派コスメブランドの『Innisfree(イニスフリー)』。

イニスフリー発の、韓国の美しい島である済州(チェジュ)島の自然原料を活かしたスキンケアアイテムが話題となっています。

決して手の届かないようなお値段ではなく、経済的にもやさしい価格で高品質のアイテムがそろっていることから、韓国・日本だけでなくグローバルに人気を集めているブランドです。

今回はそんなイニスフリーの定番化粧水アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』の成分や特徴をご説明していきますね。

おすすめの使用方法も紹介していきますので、使用時の参考にもしてみてください。

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』とは?

商品説明

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』とはいったいどのような商品なのか?簡単な概要を表で見ていきましょう。

分類 化粧水
メーカー アモーレパシフィック

ブランド:イニスフリー

商品名 グリーンティーシード スキン
料金 200ml    2,420円(税抜)
主な成分 グリーンティー成分配合
特徴 お肌にさっぱりとした潤いを与える化粧水
容器 ボトル(キャップ)
肌悩み 乾燥肌、ハリの失われたお肌
内容量 200ml

 

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』の成分と特徴

特徴

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』に含まれる成分を分析して、それぞれどのような働きをしているのかを見ていきましょう。

『グリーンティーシード スキン』の具体的な成分表示は以下の通りです。

水、BG、プロパンジオール、パンテノール、1,2-ヘキサンジオール、グリセリン、チャ葉エキスチャ種子油、エチルヘキシルグリセリン、PPG−13デシルテトラデセス−24、クエン酸Na、クエン酸、EDTA-2Na、香料

中でも注目したい成分は以下の2つ。

・チャ葉エキス、チャ種子油
・パンテノール

チャ葉エキスとチャ種子油は、あわせて『グリーンティー成分』と呼ばれるものです。

このグリーンティー成分こそが、『グリーンティーシード スキン』の持つ特徴的な成分。いったいどのような働きをしてくれるものなのか?詳しく見ていきましょう。

チャ葉エキスとは……?
チャ葉エキスは済州島で有機栽培されたオリジナル美容茶葉をダブルスクイーズ製法で搾り出したエキスでできています。
このエキスには優れた保湿効果を持つ、16種類ものアミノ酸やミネラルが含まれており、お肌の内側までしっかりと保湿をしてくれるのだそう。
チャ種子油とは……?
チャ葉エキスと同じく、済州(チェジュ)島産まれのこだわりの美容茶葉の種子から抽出されたオイル。
お肌を保湿してくれるような膜(ヴェール)をつくりだすことで、チャ葉エキスでうるおったお肌のうるおいが逃げていかないように包み込む働きをしてくれる成分です。
抗酸化物質および豊富な栄養分をそなえているため、お肌のツヤやハリ感を向上させてくれる役割も担っています。

チャ葉エキスと種子油を抽出するために使用されている”オリジナル美容茶葉”こそが成分の大きなポイントですね。

イニスフリーが使用している茶葉は、済州(チェジュ)島にあるイニスフリーの自社農園で育ったものなんだそう。
つまり、スキンケアに特化した茶葉・種子となるように育成環境を整えられているという徹底ぶりなんですね。

続いてもう1つの成分の特徴として『パンテノール』に注目してみましょう。

パンテノールとは……?
水溶性ビタミンの1つで、安全性が高いためスキンケアアイテムなどにも使用されることの多い成分です。
お肌の新陳代謝を高める働きに加えて、高い浸透力と保湿効果をもっている特徴があります。

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』は、独自のグリーンティー成分だけではなく、パンテノールも配合することでより高い保湿力の化粧水へと仕上がっていることが分かりますね。

それではつぎに、商品の特徴を見ていきましょう。

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』には、以下のような特徴があります。

 1.オリジナルのグリーンティー成分でお肌にうるおいをとどける
 2.さっぱりとしておりみずみずしい使用感
 3.オールシーズンで使用できる化粧水

それぞれの特徴について、より具体的にご紹介しますね。

特徴その1.オリジナルのグリーンティー成分でお肌にうるおいをとどける

うるおい

成分のご紹介でも述べた通り、アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』に含まれているグリーンティー成分(チャ葉エキス、チャ種子油)がお肌のうるおいバランスを適性に保ってくれつつ、しっとりお肌を叶えてくれます。

独自のグリーンティー成分に加え、保湿成分(パンテノール)も含まれているので、さっぱりとした使用感の化粧水にもかかわらず、塗ったあともずっとしっとりとしたお肌状態が継続することに特徴がある商品です。

特徴その2.さっぱりとしておりみずみずしい使用感

みずみずしい

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』のテクスチャはみずみずしくシャバシャバしています。

つけた瞬間もさっぱりとしていて、べたつく季節でも負担のない使用感。

さっぱりとしているテクスチャでも、お肌の内側までしっかりとうるおしてくれるので、乾燥肌でも脂性肌でもあらゆる肌タイプの方に使用いただけるアイテムですよ。

特徴その3.オールシーズンで使用できる化粧水

オールシーズンで使用

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』は『レイヤリング』向きの化粧水である特徴があります。

化粧水の『レイヤリング』とは日本語で言えば”重ねづけ”のことですね。
『グリーンティーシード スキン』はレイヤリングをすることによって、お肌の調子や空気の乾燥度合いに応じて使用感をコントロールしやすい化粧水なんです。

例えば夏場などお肌がべたべたしてくるような季節は、なるべく化粧水もさっぱりとしたものを使用したいですよね。

そういったさっぱりとしたい場合には化粧水を一度づけで使用すると軽く負担のない使用感でお肌にライトなうるおいを与えることができます。

一方で秋や冬といった乾燥が気になる季節に入った場合は、『グリーンティーシード スキン』を乾燥が気になる箇所にレイヤリングすることで、乾燥に負けないしっとりとしたお肌に導いてくれるんです。

つまり『グリーンティーシード スキン』が1本あれば、オールシーズンのお肌状態に対応できてしまう、まさにマルチな化粧水と言えるでしょう。

ライターからの一言:
済州島で自社栽培したグリーンティーを使用しているところにイニスフリーの美容へのこだわりを強く感じる商品ですね。
高い保湿力をもっているのに、肌表面がべたつかずに使用できる点も魅力的です。

 

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』をおすすめする人

おすすめする人

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』は、以下のような人に特におすすめできる商品です。

 1.化粧水を1本にしぼって使用したい方
 2.1年を通してお肌の調子の変化が大きい方
 3.さっぱりとした使用感がお好みの方

1.化粧水を1本にしぼって使用したい方

おすすめする人1

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』はレイヤリングすることで、オールシーズンで使用いただけるアイテムであることをご紹介しました。

化粧水って何本もあるとスペースを取りますし、なにより使い分けがめんどくさくなりがちですよね。

ですので、『グリーンティーシード スキン』は「使用する化粧水を1本に絞りたい!」という方には大変おすすめの化粧水ですよ。

これ1本で季節を問わずあらゆるシーンにマルチに対応できます。

2.1年を通してお肌の調子の変化が大きい方

おすすめする人2

お肌の調子は”乾燥肌”、”脂性肌”、”混合肌”、”普通肌”と表されますが、1年間を通してずっと同じ肌調子ではなく変化がある!という方も多いはず。

例えば、「冬は乾燥が気になるけど夏は脂がでてべたつく…」だったり、「ストレスなどの外部要因によってお肌の調子が変わってしまう」なんてこともザラにありますよね。

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』ンはレイヤリングで使用感や保湿度合いをコントロールしやすい化粧水ですので、こういったお悩みにも対応することが可能なんです。

ちょっと乾燥が気になり始めたら、化粧水を重ね付けして保湿力をアップさせるなんて使い方ができますよ。

お肌の変化にも臨機応変に対応できる化粧水なのが魅力的ですよね。

3.さっぱりとした使用感がお好みの方

さっぱり

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』の使用感はさっぱりとみずみずしいので、化粧水さっぱり派の方々からは大変な支持を受けています。

「お肌の乾燥が気になるけどさっぱりとした使用感はあきらめたくない…」という声にも対応が可能なんですね。

使用後にお肌がべたつくこともないので、オールシーズンで使用しやすいアイテムということができます。

ライターからの一言:
水っぽいテクスチャでさっぱりした使用感であることから、さっぱり化粧水派の方にはぜひお使いいただきたい商品です!
香りもお茶のさわやかでほのかに香るだけなので、誰にでも使用しやすい化粧水と言えるでしょう。
お値段もお安めなので、毎日パシャパシャ使いするのには適していますね。

 

注意点

注意

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』の口コミを見てみても、あまり悪い口コミは見つかりませんでした。

しいて言えば、極度の乾燥肌の方にとってはやや保湿力がこれ1本では物足りないという意見。

『グリーンティーシード スキン』は重ねてつけることにより、保湿力を高めることができますが、「化粧水だけだとどうしても保湿力が物足りない…」というほど乾燥肌の方もいらっしゃると思います。
そういった場合には美容液やエマルジョンを併せてご使用いただくのがよいでしょう。

ライターからの一言:
イニスフリーからは『グリーンティーシード スキン』と併せての使用を推奨している美容液やエマルジョンも展開されています。口コミでも「ライン使いするのがおすすめ!」との声が多数ありましたので、保湿力をプラスしたい方はイニスフリーの同じラインの商品も併せて使用してみてくださいね。

 

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』の使い方

使い方

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』の使い方をご紹介します。使い方はコツなどは特になく、とっても簡単ですよ。

ステップ①なじませる

なじませる

化粧水を手やコットンに適量とって、お顔にやさしくなじませていきます。美容液を使用している場合は、化粧水をつける前にご使用ください。
イニスフリーから出ている『グリーンティーシード セラム』を前に使用いただくとより仕上がりの良いお肌になるようです!

ステップ②レイヤリングする

レイヤリング

乾燥がそこまで気にならないシーンであればステップ①のみで完成ですが、冬や乾燥が気になる箇所がある場合などは、何度か重ねて化粧水をつけてください。

レイヤリングするごとに、よりお肌がしっとりとして保湿力がアップしてくれます。

逆に夏や汗をかきやすい季節などはライトな仕上がりとなるように、1度だけつけるのがちょうど良さそうですよ。

ライターからの一言:
レイヤリングによって使用感を調整できるのが、『グリーンティーシード スキン』の優れているポイントですね。
いつもはさっぱり派でも、時折「仕上がりにもっとしっとり感がほしい…」と感じた場合がありますので、レイヤリングをして自分流に仕上がりをカスタマイズしてみてください!

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』の購入方法

購入方法

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』は以下の方法で購入することができます。

・イニスフリー公式オンラインショップ
・Amazonなどの通販サイト
・イニスフリー直営店
・イニスフリーを取り扱っている小売店(コスメセレクトショップ)
・韓国コスメ専門店

アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』はオンラインではもちろんのこと、扱っている小売店も多いので直接お買い物で購入することが可能です。

オンラインで購入するのも便利ですが、注意したいのが送料がかかる点ですね。

イニスフリー公式オンラインショップで購入した場合は、5,000円(税抜)以上で送料無料となっていますので、アモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』を1本だけ購入するのには不向きです。

送料の500-1000円でも馬鹿にならない金額ですので、購入時は他のイニスフリー商品とまとめて購入するか、『グリーンティーシード スキン』まとめて数本購入しておくことをおすすめします。

今は韓国コスメの人気が沸騰しているため、イニスフリー取扱い店もどんどん増えています。近くに取扱い店舗がある場合は直接お店で購入するのが良いでしょう。

まとめ:ライターからの一言

今回はアモーレパシフィック/イニスフリー『グリーンティーシード スキン』をご紹介していきました。

こだわりの茶葉から抽出されたエキスと種子油がお肌をしっとりとうるおしてくれつつも、さっぱりとした使用感でお使いいただけるアイテムであることが分かりましたね!

レイヤリングすることでどの季節でも使用いただけるアイテムとなっていますので、1年を通して使える化粧水をお探しの方には大変おすすめのアイテムです。

ぜひ、選択肢の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。