スキンケア 2021/08/20 18:07:39

【菊正宗酒造】米と発酵クレンジングバームの使い方や効果などを検証してみた!

菊正宗酒造は1659年から歴史が始まっており、現代に至るまで長年培った「発酵技術」を核として豊かで健やかな暮らしに寄り添ってきたスキンケアブランドです。

会社名にある通り、米と酒を使って商品開発を行っています。

今回は、菊正宗酒造の米と発酵クレンジングバームを紹介していきます

米と発酵クレンジングバームの特徴はもちろん、使い方やどんな人におすすめなのかも合わせてチェックしていきましょう。

米と発酵クレンジングバームとは?

引用元:菊正宗酒造公式サイト

内容量 93g
詰め替え用
W洗顔 不要
特徴 ・クレンジングバーム
・1つで5役の高機能クレンジングバーム
・洗い上がりがしっとり
・透明感のある肌が実現
・W洗顔不要
おすすめの年齢 全年齢
アルコールフリー
まつエクへの使用
パッチテスト済み
合成香料 不使用
使用期間の目安 約1ヶ月
サイズ展開
分類 クレンジング(メイク落とし)
メインのオイル成分 ・パルミチン酸エチルヘキシル
・トリグリセリル
おすすめの肌質 すべての肌質
男女兼用
その他の商品特徴 ・無着色
・鉱物油フリー
・シリコンフリー
・プチプラ
アレルギーテスト済み
ノンコメドジェニックテスト済み
濡れた手での使用 不可
単価 1,980円

菊正宗酒造の米と発酵クレンジングバームは2010年に発売した商品で、コンセプト通り米と日本酒を使ったシンプル設計のクレンジングバームです。

バームの色味は白乳色で、テクスチャーの硬さはふつうだといえます。

 

昔から日本酒は身体に良いとされており、商品化される前から成分への注目度は高かったとのこと。

化粧品成分で、コメ発酵液とも呼ばれる日本酒には、肌はもちろん皮膚の水分まで保持してくれる効果が期待されています。

肌を奥底からみずみずしく整えてくれるので、毎日のスキンケアには持って来いの商品だといえます。

日本酒を通して外見だけではなく、身体の内側からも美しくなってほしいという想いから誕生した商品です。

米と発酵クレンジングバームの成分と特徴

引用元:@COSME

まず米と発酵クレンジングバームのパッケージに記載されている成分を見たところ、美容成分は平均よりやや多めに配合されていました。

結論として、洗浄力も美容効果も申し分ない商品ということが分かりました

成分の中に米と酒が使われているのはもちろん、アミノ酸を多く含んでいたので肌のうるおいを逃すことなくしっかりと閉じ込める効果が期待できます。

ちなみに美容成分の量が多いのではなく、1つ1つの配合量が多いということです。

 

商品に含まれている成分が多過ぎてしまうと、成分同士で相殺してしまう場合が考えられます。

そのため、商品選びにおいて美容成分が色々入っているものよりも意外とシンプルな作りの方が効果が期待できます。

クレンジング力も申し分なく、肌の上で溶けたバームがメイクと馴染んで擦らずに毛穴の奥の皮脂汚れまでするんっと落としてくれるのです。

その他米と発酵クレンジングバームで挙げられる特徴は以下の3つ。

1.1つで5役こなしてくれる
2.合成香料やシリコン不使用で肌に優しい設計
3.厚みのあるバームと天然ライムの香り

それぞれチェックしていきましょう。

特徴その1.1つで5役こなしてくれる

米と発酵クレンジングバームには、以下5つの機能が1つで完結できる便利なアイテムです。

1.クレンジング
2.洗顔
3.毛穴ケア
4.マッサージ
5.洗い流しパック

米と発酵クレンジングバームさえあれば、毎日1度に複数のスキンケアをする必要はありません。

メイクをしている日はもちろん、メイクをしていない休日などに使えばクレンジング以外のフェイシャルケアが可能です。

疲れて帰宅した後でも1度に5役もこなしてくれる優れものなので、手軽にメイクオフとスキンケアができるのは嬉しいポイントです。

特徴その2.合成香料やシリコン不使用で肌に優しい設計

米と発酵クレンジングバームは、肌への刺激を軽減するために開発段階で不要な成分はとことん除去されて販売されています。

もちろん全ての肌に刺激が起こらないというわけではないので、個人差はあります。

特に米と発酵クレンジングバームは肌にうるおいをプラスして、内側から透明感とハリのある素肌へ導いてくれるのです。

10種の米由来成分と5種の発酵酵母系成分が配合されているので、保湿成分に関してはかなり期待できます。

1.合成香料不使用
2.無着色
3.無鉱物油
4.シリコーンフリー

そのため肌トラブルを引き起こす原因となる、上記4つの成分は配合しないことで誰でも使える商品となっています。

特徴その3.厚みのあるバームと天然ライムの香り

米と発酵クレンジングバームは元々柔らかめのバームなので、肌に乗せて溶かすと滑りの良いクッション性のある厚めのテクスチャーに変化します。

厚みがあるということは、肌への摩擦を軽減しながら汚れを優しくオフできるということ

しかもW洗顔不要のクレンジングバームなので、肌ダメージを最小限にスキンケアが可能です。

そしてリラックス効果が期待できる天然ライムがほのかに香るので、毎日フェイスマッサージしながら癒してくれます。

米と発酵クレンジングバームはどういう人におすすめ?

米と発酵クレンジングバームの特徴でも度々こんな人におすすめしたいというのを紹介してきましたが、ここでは以下2つに当てはまる人におすすめしたいです。

1.乾燥肌でも使えるクレンジングを探している
2.香りにもこだわったクレンジングを探している

それぞれチェックしていきましょう。

乾燥肌でも使えるクレンジングを探している

米と発酵クレンジングバームは厚みのあるクッションオイルを採用しています。

そのため肌への摩擦を軽減しつつ、やさしく肌を洗い上げる洗顔アイテムとして菊正宗酒造では人気の商品です。

特に乾燥肌の人は、洗顔料1つでも気を遣って使わなければすぐに肌荒れを引き起こしてしまったり化粧ノリが悪くなるもの。

 

ただでさえクレンジングでメイクを落とそうとすると、肌への摩擦ダメージかなり多いです。

そこに加えて洗顔となると、肌を触る回数が増えるので余計なダメージを負いやすい傾向にあります。

米と発酵クレンジングバームはW洗顔不要なので、厚みのあるクッションオイルのおかげで肌を触る回数が少ないことからダメージを防ぎます。

また、クレンジング特有のぬるっとした触感やべたつきが苦手な人でも使えるよう、やわらかくてみずみずしいテクスチャーに変化します。

洗い上がりもしっとりしているので、乾燥肌の人には特におすすめです。

朝洗顔にも使えるクレンジングを探している

クレンジングは夜に使うイメージが強い傾向にありますが、米と発酵クレンジングバームは朝洗顔にも使える代物

朝からすっきりとしたライムの香りに包まれ、気分を高めてくれます。

クレンジングバームとして販売はしていますが、洗顔や毛穴ケアなどさまざまな役割を米と発酵クレンジングバームが担ってくれています。

顔全体をマッサージしながら洗顔することで、皮脂などをさっぱりと洗い流してその後のメイクノリを良くしてくれる効果が期待できます。

米と発酵クレンジングバームの注意点

後ほど米と発酵クレンジングバームの詳しい使い方は紹介しますが、必ず濡れていない肌に使ってください。

上手くメイクとバームを馴染ませるには、乾いた肌に乗せることで効果を発揮します

仮に濡れている肌に乗せてしまうと、毛穴に入り込んだ汚れを上手く絡め取ることができずに表面だけの汚れを落とすことになります。

毛穴に汚れが残ったままでいると、そこから皮脂などが溜まってニキビや黒ずみなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

せっかく摩擦が少ない厚みのあるテクスチャーに変化するので、毛穴の汚れまで落とすなら乾いた肌への使用がおすすめです。

米と発酵クレンジングバームの使い方・体験レビュー

ここでは米と発酵クレンジングバームの具体的な使い方と、実際の使用感を紹介して行きます。

使い方その1.マッサージしながらメイクと馴染ませる

米と発酵クレンジングバームには専用のスパチュラが付属されているので、容器からさくらんぼ大くらいの量を取り出して使用します。

バームのテクスチャーがやわらかいので、スパチュラから手に乗せてそのまますぐ顔に塗り拡げていけます。

メイクとバームを馴染ませていくと徐々にメイクが浮いてくるのですが、小鼻まわりや口元まわりは落ちにくい部分とされています。

その場合は、指先で優しくくるくるとマッサージしながら馴染ませていくのがポイントです。

使い方その2.メイクが浮いて来ても乳化させる必要はない

顔全体に乗せてしっかりとマッサージしていくと、徐々にメイク汚れが浮いてきます。

多くのクレンジングバームでは乳化作業を行うためにこのタイミングで水分を足しますが、米と発酵クレンジングバームはメイクがそのまま浮いてくるので必要ありません。

乳化する必要がないので、とにかくメイク汚れが浮いてくるまでしっかりと馴染ませるのがポイントです。

米と発酵クレンジングバームはまつエクをしている人でも使えるので、目元に使う場合は毛先に向かって撫でるように馴染ませていきましょう。

使い方その3.ぬるま湯で洗い流す

全体的にメイクが浮いて来たら、ぬるま湯で20回ほどよくすすいでください。

万が一小鼻まわりや顎にザラつきがある場合は、洗い流す前にバームを少量追加して丁寧に細かく円を描くように指先でさらに馴染ませましょう。

ぬるっとした感触が残らないくらい、しっかりとぬるま湯ですすぐのがポイントです。

クレンジングはバスタイムの合間に行う人が多いので、シャワーで洗い流してしまう人が多い傾向にあります。

しかし、シャワーで洗い流してしまうと水圧のせいでたるみの原因を作ってしまいます。

洗い流す際は、できる限り手で水をすくって洗い流しましょう。

米と発酵クレンジングバームの体験レビュー

菊正宗酒造の米と発酵クレンジングバームはやわらかく肌を包み込んでくれるようなテクスチャーですが、まつエクにも使えるのはかなり評価が高いです。

香りもすっきりとしたライムですが、キツ過ぎないので比較的誰でも使える商品だといえます。

メイク落ちに関しては、テクスチャーの肌馴染みがよくベースメイクはしっかりと落ちます。

しかし、アイラインやマスカラの落ちはやや悪いといえます。

通常のアイラインやマスカラはもちろん、ウォータープルーフなどのコスメはもっと落ちにくいはず。

落ちにくい部分には、別途リムーバーなどを使えばキレイに落とせるでしょう。

洗顔後の肌は、特に突っ張った感じもありません。

濃いメイクをしている人向けというよりかは、普段からナチュラルメイクをしている人向けの商品だといえます。

米と発酵クレンジングバームを買うには?購入方法も紹介

米と発酵クレンジングバームの購入を検討している人は、菊正宗酒造の公式サイトや大手通販、さらにはお近くのドラッグストアなどで購入が可能です。

菊正宗酒造の公式サイトで購入する場合は、単品購入だと送料が発生します。

菊正宗酒造商品はクレンジングバーム以外にも、入浴剤や化粧水など種類が豊富です。

税込5,000円以上になると送料無料になるので、他の商品も一緒に購入するとお得です。

菊正宗酒造の直営店は存在していないので、店舗で購入したい人はお近くのドラッグストアでお買い求めください。

ただし、必ずしも取り扱いがあるとは限らないので注意してください。

まとめ:保湿効果は高いものの、クレンジング力は普通

菊正宗酒造から発売されている、米と発酵クレンジングバームの使い方や効果などを紹介してきました。

普段からナチュラルメイクをしている人にはおすすめできるクレンジングバームですが、濃いメイクをしている人はアイラインやマスカラが落ちにくいことから不向きだといえます。

しかし、洗い上がりが突っ張らず、しっとりとした肌質になるので乾燥肌の人にはおすすめできます。

従来のクレンジングは、余分に肌の水分を洗い流してしまう傾向にあります。

しかし、コメ由来成分とアミノ酸を配合しているので、肌への刺激を緩和しつつうるおいをキープしてくれるのです。

濃いメイクの人が米と発酵クレンジングバームを使う際は、休日用のスキンケアコスメとして使うのがおすすめです。