CBD by Canna Tech
コスメ 2021/09/29 15:20:40

【Canna Tech】自社製造『CBD』の口コミと評判-使い方や効果,成分を検証レビュー-

現在、巷では『CBD』が話題を呼んでいます。アメリカなどの海外ではすでに医療目的で使用されているなど、CBDには潜在的な可能性が多く秘められています。今回は、特許技術抽出原料のCBD商品を販売している『CannaTech』自社製造CBDについて詳しく紹介していきます。

『CannaTech』とはどんな会社なのか、特許技術抽出原料のCBD商品とはどんな物があるのかなどの詳細を調査し、その結果をまとめていきます。

【この記事でわかること】
・【Canna Tech】自社製造『CBD』とは
・ 【Canna Tech】自社製造『CBD』の商品説明
・【Canna Tech】自社製造『CBD』の成分と特徴
・【Canna Tech】自社製造『CBD』はどんな人におすすめなのか
・【Canna Tech】自社製造『CBD』の注意点や正しい使用方法
・【Canna Tech】自社製造『CBD』の商品購入方法

【Canna Tech】自社製造『CBD』とは?

CBD

『CannaTech』は、”自分らしく、人間らしく。晴れやかな心が道を切り開く。”を理念に掲げています。地球上にある限られた資源を有効活用し、持続可能な経済成長と人々に半永久的な幸せを実現しようとしている会社です。

また、国連が掲げている『SDGs』の17個ある内、7つの点を重要視して社会の問題解決を図ろうとしています。

・5.ジェンダー平等を実現しよう
・8.働きがいも経済成長も
・9.産業と技術革命の基盤を作ろう
・10.国や人の不平等をなくそう
・15.陸の豊かさも守ろう
・16.平和と公平を全ての人に
・17.パートナーシップで目標を達成しよう

※チェック内の数字は『SDGs』が掲げている番号です。

この他にも『CannaTech』は、THCが含まれていないCBDにこだわっており、ヨーロッパやアメリカから直接原料を輸入しています。輸入した原料を加工・製造販売・原料の販売も手掛けています。今回は、自社製造しているCBD商品について詳しく紹介します。

【Canna Tech】自社製造『CBD』の商品説明

CBD

『CannaTech』で製造されている商品は以下のように雑貨や食品などがあります。CBDから得られる効果は様々ありますが、リラックス効果や不安を無くす効果、更には恒常性の維持も期待できます。日々ストレスを感じていたり、眠れないなどの悩みを解決するためにCBDを摂取する方は増えています。

ご自身のライフスタイルに合った方法で摂取できるようにベイプやグミ、コスメなどがあります。それぞれの商品ごとに細かく紹介していきます。これから紹介する製品は全て、国内にある『CannaTech』自社でこだわりの特許技術抽出で製造されています。

・【Canna Tech】自社製造『CBD』商品1.CBDベイプ
・【Canna Tech】自社製造『CBD』商品2.CBDオイル
・【Canna Tech】自社製造『CBD』商品3.CBDグミ
・【Canna Tech】自社製造『CBD』商品4.CBDコスメ

引用:CannaTech

【Canna Tech】自社製造『CBD』商品1.CBDベイプ

ベイプ

引用:CannaTech

ベイプとは火を使わない電子タバコで、現在欧米諸国やアジア諸国などで大流行しています。フレーバー付きのリキッドを加熱し水蒸気を吸って楽しむ嗜好品です。ニコチンやタールを含んでいませんので受動喫煙の心配も有りません。『CannaTech』ではベイプの本体とリキッドを販売しています

引用:TRADE WORKS

1.Desposable Vape Pen

CBD濃度 10%
CBD含有量 50mg
容量 0.5g
価格 1,980円

2.10%E-Liquid

CBD濃度 10%
CBD含有量 1000mg
容量 10ml
価格 8,980円

3.5%E-Liquid

CBD濃度 5%
CBD含有量 500mg
容量 10ml
価格 4,980円

4.88%SHATTER WAX 1g

CBD濃度 88%
CBD含有量 880mg
容量 1g
価格 5,480円

5.CBD50%Liquid Cartridge

CBD濃度 50%
CBD含有量 500mg
容量 1g
価格 4,980円

まずは、ペンタイプのベイプです。スタイリッシュなデザインで、この中に濃度10%のCBDオイルが入っています。次に、『CBDリキット』です。お手持ちのベイプに詰め替えて使用するタイプのようです。リキットタイプには濃度と含有量が違う2種類のタイプがあります。

ワックス用のベイプに使用する”ワックスタイプ”も販売されています。リキッドやオイルに慣れてしまった方などにおすすめです。最後にカートリッジタイプ用のCBDリキットです。今まで紹介した5商品を見てわかるように、CBD濃度とCBDの含有量は比例しているようです。

引用:CannaTech

【Canna Tech】自社製造『CBD』商品2.CBDオイル

オイル

引用:CannaTech

『CBDオイル』は直接スポイトから召し上がれます。『CannaTech』からオイルの方は5種類販売されています。

1,30%Broad Spectrum CBD Oil『Rich Flavor』

CBD濃度 30%
CBD含有量 3000mg
CBG含有量 376mg
容量 10ml
価格 28,800円

2.10%Broad Spectrum CBD Oil『Rich Flavor』

CBD濃度 10%
CBD含有量 1000mg
CBG含有量 125mg
容量 10ml
価格 9,980円

3.10%Broad Spectrum CBD Oil

CBD濃度 10%
CBD含有量 1000mg
容量 10ml
価格 8,880円

4.5%Broad Spectrum CBD Oil

CBD濃度 5%
CBD含有量 500mg
容量 10ml
価格 4,980円

5.6%Isolate Drope(30g)

CBD濃度 6%
CBD含有量 1800mg
容量 30ml
価格 7,980円

6.6%Isolate Drope(10g)

CBD濃度 6%
CBD含有量 600mg
容量 10ml
価格 4,980円

7.1%Broad Spectrum CBD Oil

CBD濃度 1%
CBD含有量 300mg
容量 30ml
価格 2,980円

『Rich Flavor』と書かれている2つの商品にのみ、”CBG”が含まれています。『CBG』とはCBDと同じく、近年注目を集めているカンナビノイドの1種です。簡単に言うとCBGはCBDやTHCの母体となる成分のことです。

しかし、CBGは成熟した原料から採取できる量がとても微量なため、『微量カンナビノイド』に分類されます。また、抽出がとても難しいため高価なものとして扱われているのです。

引用:HempNavi

引用:CannaTech

【Canna Tech】自社製造『CBD』商品3.CBDグミ

グミ

引用:CannaTech

『CannaTech』のCBDグミには5つの種類があります。グミもオイル同様そのまま召し上がれますので簡単にCBDライフを始められます

1.Isolate Gummies(60粒入)

CBD濃度 25mg/1粒
CBD含有量 1500mg
容量 60粒入り
価格 7,880円

2.Isolate Gummies(10粒入)

CBD濃度 25mg/1粒
CBD含有量 250mg
容量 10粒入り
価格 1,780円

3.Broad Spectrum CBD Gummies(60粒入)

CBD濃度 30mg/1粒
CBD含有量 1800mg
容量 60粒入り
価格 8,880円

4.Broad Spectrum CBD Gummies(10粒入)

CBD濃度 30mg/1粒
CBD含有量 300mg
容量 10粒入り
価格 1,980円

5.CBD Isolate Gummies(60粒入)

CBD濃度 25mg/1粒
CBD含有量 1500mg
容量 60粒入り
価格 7,980円

CBD濃度とCBD含有量、さらには内容量の違う5種類展開です。10粒入りですと多少リーズナブルですのでまずはお試しで10粒入りを購入し、効果を実感できたら60粒入りを購入するという方法もおすすめです。

引用:CannaTech

【Canna Tech】自社製造『CBD』商品4.CBDコスメ

クリーム

引用:CannaTech

最後に『CannaTech』から販売されているコスメの紹介です。『CBDコスメ』はまだ1商品しか販売されていません。

1.CBD Relief Cream

主成分 CBD/プロテオグリカン/ヒアルロン酸/ビタミン複合体
容量 60g
価格 3,490円

CBDには肌荒れやニキビなどにも効果があるようです。そのため、お肌の調子を整えたい方にとてもおすすめの商品です。また、リフレッシュ効果も同時に期待できますので、ハンドクリーム代わりとしても使用できます。

引用:CBD

引用:CannaTech

【Canna Tech】自社製造『CBD』の成分と特徴

オイル

『CannaTech』では、上記で紹介したように多種多様な商品を製造・販売しています。これらの商品の共通している特徴は”全てCBD商品である”こと。また、CBDオイルにのみ貴重な『CBG』も使用されています。これらの成分についてさらに詳しく深堀りしていきます。

・特徴その1.CBDに秘められている可能性って?

・特徴その2.CBGってなに?

特徴その1.CBDに秘められている可能性って?

女性

さて、初めの方でも多少触れましたが、CBDには簡単に言うとリラックス効果や恒常性の維持などの効果があります。そもそもCBDの原料は、日本では許可なく所持や栽培が許されていない『大麻』なのです。薬物という印象が強い大麻から抽出されるCBDに手を出すのは少し気が引けますよね。

しかし、日本で流通している『CBD商品』に違法性はなく、CBDに依存性はありませんので、安心して使用できます

また、CBDは人間の生物学的な昨日の深いところに機能してくれるので、慢性疼痛・不安・ストレス・炎症・うつ病などさまざまな病気に効果を期待できます。現在でも科学者たちの間で研究が進んでおり、CBDの全てがわかっているわけでは有りませんが、潜在的に秘められている可能性がとても高い成分なのです。

引用:PROJECT CBD

特徴その2.CBGってなに?

疑問

『CBDオイル』を紹介したセクションにて軽く触れましたが、『CBG』についてここでもう少し詳しく解説します。CBGもCBDと同じく100種類以上ある植物性カンナビノイドの1種で、現在その研究が進んでいます。

CBGは大麻から抽出されるCBDやTHCなどの母体となる成分です。CBGは成熟した大麻には1%未満しか含まれておらず、抽出も難しく貴重な成分です。CBGは主にTHCの中毒性と戦うのを助ける作用があると考えられています。

また、CBGの効果としてはCBDと同じようなものなのですが、あまり聞いたことがないのは抽出の難しさや希少性にあると言われています。現在ではCBGを量産するため生産者が力を注いでおり、これからCBDと同じく注目を集めるようになる成分なのです。

引用:HempNavi

【Canna Tech】自社製造『CBD』はどういう人におすすめ?

お肌

さて、CBDやCBGの詳しい成分特徴がわかったところで『自社製品CBD by CannaTech』特許技術抽出原料のCBD商品はどういう人におすすめなのか、気になりますよね。

【CannaTechのCBD商品がおすすめな方】
・リラックスしたい方
・強いストレスを感じている方
・肌荒れが気になる方
・効果を早く実感したい方
・疲労を感じている方…などなど

効果を見ていただくとわかるように、”リラックス効果を得たい方・ストレスを感じている方”などがおすすめの対象です。性別は関係なく、男性も女性もどちらにもおすすめできます。また、年齢層も選ばず、20代〜60代と幅広くおすすめできます。

引用:CBD

【Canna Tech】自社製造『CBD』の注意点

乾燥

CBDには依存性や違法性もないため、安心して使用できます。しかし、1点だけ注意点をあげるとするなら”アレルギー性”についてです。

CBDにも多少なりともアレルギー反応を起こしてしまう方も中にはいるようです。現在まだ研究段階なので、アレルギーを起こしてしまった・絶対にアレルギーが起こらないという確証はありません。過度なアレルギー体質の方は微量の摂取から始めることをおすすめします。

引用:麻田製薬

【Canna Tech】自社製造『CBD』の使い方・体験レビュー

おしゃれ

ここで、『CannaTech』のCBD商品の正しい使用方法と体験レビューを紹介します。使い方はいたって簡単です。

ベイプの使用方法は、そのまま吸う・もしくはリキットをベイプに詰め替えて加熱して吸う方法があります。CBDオイルとCBDグミはそのまま召し上がるか、オイルは飲み物に混ぜるのもおすすめです。最後にCBDコスメですが、そのままハンドクリームのようにお肌になじませるのみです。

体験レビュー

口元

それでは気になる体験レビューを見ていきましょう。GOODレビューとBADレビューに分けて紹介します。まずはGOODレビューから紹介していきます。

体験レビュー/GOOD

GOODレビューはSNSを参考に紹介しました。「フレーバーが豊富」「味が美味しい」「デザインが良い」など様々な意見がありますね。また、不眠症の改善に繋がったという意見も有りましたので、不眠症の方にもとてもおすすめです。

体験レビュー/BAD

香りやうま味を感じることができなかった

深みがないというか薄っぺらい

効果を感じられない

BADレビューはSNSと楽天市場のレビューを参考にしました。大半は高評価ですがその中でもホント一部、低評価がありました。効果を感じられなかったり、味に満足がいかないという意見が目立っていました。どんな商品でも効果には人それぞれ個人差があります

【Canna Tech】自社製造『CBD』を買うには?購入方法も紹介

タマヌオイル

それでは最後に『CannaTech』のCBD商品の購入方法を紹介します。『CannaTech』の公式サイトでの購入は勿論、楽天市場の公式ページでの購入も可能です。Amazonや他のインターネットショップでの購入は今の所、不可能のようです。

楽天市場では稀にセールがやっていたり、公式サイトにはないフレーバーが販売されていたりするので公式サイトではなく、楽天市場の公式ページでの購入のほうがおすすめです。

まとめ:【Canna Tech】自社製造『CBD』で健康的な毎日を!

いかがでしたか?『CannaTech』という会社の紹介や、CBD・CBGについて詳しく解説しました。CBD商品がいかに安全で生命機能に良い影響を及ぼすかを理解していただけたはずです。成分の抽出が難しかったり、まだまだ研究段階ということもあって、決して安いものでは有りません。

しかし、睡眠障害や健康面での不安・精神的な不安を抱えている方にCBD商品はとてもおすすめですので、本記事を参考にぜひ購入を検討してみてください。

約3ヶ月前までネイリストとして働いていました。美容に関する職業だったので、コスメやスキンケアには少々詳しいです。趣味は釣りやキャンプなどのアウトドアです。天気の悪い日はお家でまったりスキンケアしたりヨガをして健康に気をつけています。
BONIFUL|ボニフル